お中元 三河一色産 うなぎ蒲焼き

お中元2016 三河一色産 うなぎ蒲焼きを贈る お中元ギフト検索サイトです。

お中元 土用の丑の日用 うなぎ蒲焼

お中元2016 今年はあなたの大切な人に何を贈りますか?

お中元といえば ビール、ハム、ジュース、ゼリー、涼和菓子、アイスクリームを選びますが、

でも やっぱりうなぎですよね。

今年の土用の丑の日は7/20です。
土用の丑の日に向けて うなぎ蒲焼をお中元で選んで贈りましょう。


ちょっと土用の丑の日についてふれてみましょうか。

実は土用の丑の日は1年を通して存在しているんです。
ちなみに2016年の土用の丑の日は以下の通りです。

冬:1月20日(水)、2月1日(月)
春:4月25日(月)
夏:7月30日(土)
秋:10月22日(土)、11月3日(木)

現在うなぎを食べる習慣があるのは、夏の土用丑の日だけですね。

これは、江戸時代からうなぎを食べる風習が『夏の土用』だったから、
現在「土用丑の日」と言えば、夏の土用丑の日となるのです。

本来ウナギの旬は冬です。 ご存じでしたか?
以前は夏にウナギはあまり売れなかったそうです。

売れないウナギを夏の時期に売れるようにする為に
旬ではない“夏”という時期にウナギを食べる風習を根付かせたという説が有名で、定説となっています。

最近、コンビニやスーパーでは、
うなぎを食べる習慣を夏以外の土用丑の日にも作ろうとしているようです。


あなたの大切な人に
夏の土用丑の日に美味しいうなぎ蒲焼を食べてもらって、元気に酷暑の夏を過ごしてもらいましょう。

お中元 三河一色産 うなぎ蒲焼き➡


アオテうなぎ蒲焼 焼き方

愛知県一色産のアオテうなぎの蒲焼
極上で最高のうなぎ蒲焼だということをご存知ですか?

愛知県一色町が 日本一のうなぎ生産量の町、
そこでは 矢作川の水で、限りなく自然に近い環境で養殖され
限りなく天然に近いうなぎだということを 前の記事で説明しました。



一色産のアオテうなぎだけを使った蒲焼を販売しているのは 美食市


美食市の アオテうなぎ蒲焼がどうやって焼かれて いるのかをお話ししますね。


- 白焼き 15分
赤外線でパリッと。

- 蒸し  20分 
身の厚みや大きさに合わせて微調整された3段階の蒸し機を通って身を柔らかくなり、ふっくらとした食感に。

- 焼き 15分
秘伝のタレづけと、焼きを交互に3回繰り返し。
3回繰り返すことで、うなぎ独特の香ばしさを引き出します。 最後に、特製の甘口仕上げダレづけ。



美食市の三河一色うなぎが完成です。



今年は 愛知県一色産 アオテうなぎだけを使った うなぎ蒲焼を贈りませんか?

お中元 三河一色産 うなぎ蒲焼き➡




最高に稀少な蒲焼 アオテうなぎ


お中元に 贈って 本当に喜ばれるうなぎ蒲焼をご紹介します。

ご紹介するのは
愛知県 一色町産 アオテうなぎだけを使ったうなぎ蒲焼です。

このうなぎ蒲焼は稀少がすごく高いんですよ。
受け取った人は すごく驚き、大喜びし、大きな笑顔になります。

その理由をお話ししますね。

うなぎ養殖の命、水。
愛知県一色町では 矢作川という川の水を使って養殖しています。
川の水を使って養殖するのは ここ愛知県一色町だけです。

限りなく 天然に近い環境でなので ストレスがほとんどかからず 育ちます。
だから肉質が柔らか 上質。

そしてその中から選別された アオテうなぎ。

アオテうなぎは20匹に1匹の確率でしかでないうなぎ
背中が青く、お腹が白く、触った感触がとても柔らかい
職人が稀少価値が高い、極上うなぎとして識別する うなぎです。

だから 愛知県一色町産 アオテうなぎは 極上中の極上。
稀少の中の稀少

肉質と味が 一番ということです。

今年は 愛知県一色町産 アオテうなぎだけを使った うなぎ蒲焼を贈りませんか?

お中元 三河一色産 うなぎ蒲焼き➡




アーカイブ
  • ライブドアブログ